春一番が吹き荒れて。。。

image今日の佐渡市のお天気は大荒れで暴風警報さえ出される「春一番」が吹き荒れた。

又明日あたりは海上が荒れ波高で欠航かもしれない。
明後日からの出張が心配になる…。最近は私が動くと殆どが大荒れだと言われる💦
神に祈るしか無い。

先日の家電メーカーでの買い忘れがあり暴風警報の中ショッピング。
ついでにランチと軽い三時のおやつ。

何とか痩せねば着る物が無いというのに。。。(笑)

休日の日は休みたいのに。。。

image

今日の祝日が建国記念の日とかは全然関係は無く…、
佐渡に出店した大手家電メーカーの開店日なのでお買物デーとなり久々の休日を楽しむ。
価格破壊だと言うTVとプリンターを購入する。
凄い人の混雑に酔い、久々の車の運転に年齢を感じ、Wi-Fiの設定に手間どり、仕事は進まずヘトヘトに疲れ果てた我が家の建国記念の日でした(笑)

ランチは《徳平の蕎麦》デザートは《農協のソフトクリーム》、夕食の後には到来物の静岡の苺《あきひめ》

どうやら僕には痩せる暇は無いようです。
とほほ〜💦

島にいて想うこと…

image
2週間の出張を終え久々にロクロの前に座る。
やはりこれが本来の仕事なのだろう。
落ち着くし、勝手に手が動く。

作るからには売らなきゃならないと言う命題は付きまとう。
結果、お客様が喜んでくれる。有難い話しである。
然し乍ら出張が多過ぎたら作陶の時間が削られ、売筋が無くなり売上を上げるのも難しくなる。
程よいバランスが大事でその体制を整えなければならない。
分かりきった理屈ではある。

地方のしかも都市から遠く離れた小さな島にいると流通に於いても不便で不利で経費も掛かる。
幸いにも観光地という良い要素もあり何とか物が動いてはいる。
しかし今の現状では商品不足で供給が追いつかないのと新商品の開発が出来そうも無い。

いろいろ考えると現状の販路の一部を確保しながらネット販売をもっと充実させながら
本来の制作に重心を置くべきだと思う。

がむしゃらに作り時間が有れば製品では無い《作品》を作りたい。

ごあいさつ

画像

DSCF0176

 

世界から見たら小さい国、日本の又その中でも小さな知らない人も多い新潟県の佐渡ヶ島。。。
そんな小さな島に生まれた事がいつも自分の心の中に劣等感や他と違う差別感を抱いて生きてきた様に思う。

それがある程度年齢を重ねると佐渡ヶ島にも固有の文化や自然があり少しではあるが誇れるのかな?という認識に変化してきている自分に最近ではあるが気づいてきている。

そんな佐渡ヶ島から大袈裟かもしれないが世界中に自分の作った陶芸の作品を発信できたら良いなと思うようになってきた。

以前の主宰してきた玉堂窯元のホームページでは自分個人ではなく窯元という組織的なサイトなのでもうそろそろ細野利夫個人の発表の場が欲しいという気持ちから自分の作品や心情や感じること等々、綴っていきたいと始めることになりました。

多分、いろんな要素が入って支離滅裂なサイトになると思いますが どうぞお付き合い下さいますようお願いいたします。