秋雨前線…

秋雨前線の影響だろうか? 上空の景色がいつもと違う。
地上にいる時はどんよりとした低く立ち込めた雲が覆い被さり
高度数千メートルまでくると陽射しがとても強く紫外線に晒されるように眩い。
眼下には様々なバリエーション雲形の絨毯が敷き詰められ視線の遥か先は青空が広がる。
しかもその景色は刻一刻と変化し大自然の雄大さ改めて感ぜずにはいられない。
果てしなく広がるこの自然の向こうには様々な国があり人が居て
人間として同じように喜怒哀楽の中で生きているに違いない。
同じ地球上で環境や経済、宗教などが異なっても人としての心は変わらない。
どうか全ての国々が平和であり続け、憎しみの連鎖を生まない事を…
ここ数日の疲労の為か、うつらうつらの間にもう伊丹空港に着くらしい。
残念ながらCAとの会話もなく短い空の旅になった。
大阪は生憎の空模様で心も少し肌寒い。imageimageimage

幸せな時間…

物産展の商談会の為、早朝の船で新潟に渡るも
開始の午後2時までは3時間もある。
かねてより行ってみたい寿司屋さんをランチで訪ねてみることにした。

本店は佐渡に在り回転寿しでは全国ランキングで上位につける弁慶さんの
新潟出店4店舗目の高級志向のお店で『鮨 弁慶 海』
そこは古町の中心部から少し路地に入った隠れ家的な雰囲気なのお店で
接待やデートにも安心して利用できるお店。
店内の雰囲気も洗練された上品さが心地良い感じでカウンターに案内された。
このお店は数ヶ月前に開店し小崎社長から盛皿や小皿、酒器類などをオーダーを頂いた。
どんな風に盛り付けられるのか?どんなお寿司が出てくるのか?
ドキドキしながら待つ緊張感も心地良いものである。
板さんである大将こと山崎さんは数年前まで六本木で鮨店を出していたとの事で
新潟や佐渡の鮨とは異なる江戸前鮨で、なるほどと唸らせる位の一手間加えた下仕事が
否が応でも口の中で広がり、幸せな気持ちにさせてくれる。
全国各地を仕事で周り食するが、なかなか得がたい感動が体験出来た気がする。
大将の鮨を握る心構えと美味しさを提供する精神性はまさしく匠の技だと感じた。
新潟・古町に歴史を刻む名店が誕生した気がする。
# 鮨 弁慶 海 #古町 #新潟 #出張 #無名異焼 #佐渡 #細野利夫 #窯元 #陶芸 #日本 #Art #pottery #JAPANimageimageimageimage

長月のはじめ。。。

暑かった夏も終わり、虫の音も騒々しくエアコンも肌に馴染まない季節は
生来虚弱な身体は歓迎すべき筈なのだが歳相応に至る所にガタが来ているようだ。
数週間前の軽い魔女のひと突きと座骨神経痛とやらが仕事量を削減するようにと
悪意を持って虚弱な身体を痛めつけてくる。
人間はほんの些細な事で気がめげるし不安に陥り藁にしがみつく動物だと実感する。
如何にもこうにも仕方無く俎の上のトドの如く大嫌いな権力っぽい白衣の奴に身をまかせる。
問診の女性の笑顔と対応が的確で素敵だったので許してしまうのだが…
レントゲン、白衣の奴のありきたりな説明、電気的振動マッサージ、…etc
ウオーターベット上での電気的振動温感マッサージは恥ずかしながら気持ちよく
時間延長しようとする自分がチョット恥ずかしいので思い止まった。
薬局では妙に腰の低い若造が余計な事をペラペラ喋りまくるが
今日のところは大目にみてあげることにした。
それにしてもこの膨大な薬量は何だ❗️これが薬漬けの日本の医療現場なんだと実感した。
むしゃくしゃするので気分転換に誰も居ない夏の終わりの浜辺で心を落ち着かせる。
国仲平野の田園風景に心癒され、沈みゆく夕日に心洗われ、感謝という言葉が腑に落ちた。
また明日から騙し騙しでお仕事に励みます。。。image

imageimage