長月のはじめ。。。

暑かった夏も終わり、虫の音も騒々しくエアコンも肌に馴染まない季節は
生来虚弱な身体は歓迎すべき筈なのだが歳相応に至る所にガタが来ているようだ。
数週間前の軽い魔女のひと突きと座骨神経痛とやらが仕事量を削減するようにと
悪意を持って虚弱な身体を痛めつけてくる。
人間はほんの些細な事で気がめげるし不安に陥り藁にしがみつく動物だと実感する。
如何にもこうにも仕方無く俎の上のトドの如く大嫌いな権力っぽい白衣の奴に身をまかせる。
問診の女性の笑顔と対応が的確で素敵だったので許してしまうのだが…
レントゲン、白衣の奴のありきたりな説明、電気的振動マッサージ、…etc
ウオーターベット上での電気的振動温感マッサージは恥ずかしながら気持ちよく
時間延長しようとする自分がチョット恥ずかしいので思い止まった。
薬局では妙に腰の低い若造が余計な事をペラペラ喋りまくるが
今日のところは大目にみてあげることにした。
それにしてもこの膨大な薬量は何だ❗️これが薬漬けの日本の医療現場なんだと実感した。
むしゃくしゃするので気分転換に誰も居ない夏の終わりの浜辺で心を落ち着かせる。
国仲平野の田園風景に心癒され、沈みゆく夕日に心洗われ、感謝という言葉が腑に落ちた。
また明日から騙し騙しでお仕事に励みます。。。image

imageimage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です